株式会社アトックスについてのまとめ

アトックスという会社について色々とまとめてみました。どんな会社か興味がある人興味のない人?も一度チェックしてみては?

グローブシップ株式会社とは?アトックスとの関係は?

株式会社アトックスのグループ企業であるグローブシップ株式会社。ビルメンテナンス業を中心に、FM(ファシリティマネジメント)のコンサルティングなどといった不動産に関わる総合的な運用管理を行っている会社です。

関連記事→株式会社アトックスについてのまとめ

今回は、グローブシップ株式会社の基本的な情報や、アトックスとの関係性について見ていきましょう。

グローブシップ株式会社の会社概要

会社名 グローブシップ株式会社(英語名:GLOBESHIP Corporation)
本社所在地 〒108-0014 東京都港区芝四丁目11番3号 芝フロントビル


事業所 【支店】
  • 札幌支店
  • 仙台支店
  • 宇都宮支店
  • 群馬支店
  • 埼玉支店
  • 西東京支店
  • 横浜支店
  • 名古屋支店
  • 大阪支店
  • 広島支店
  • 福岡支店
設立年月日  2015年4月1日
従業員数 5400名
業種
  • ビル総合管理
  • 設備管理
  • 保安警備
  • 防災設備管理
  • 清掃管理
  • 環境衛生管理
  • マンション管理
  • 庭園管理
  • 各種営繕工事
  • 省エネ関連
  • 地域冷暖房運転管理
  • ビル管理コンサルティング
  • ファシリティマネジメント
  • プロパティマネジメント
公式サイト https://www.globeship.co.jp/
採用サイトhttp://recruit.globeship.co.jp/
              

グローブシップ株式会社は、東京都港区に本社を置き、ビルの総合管理(メンテナンスなど)や設備管理を中心にファシリティマネジメント(FM)のコンサルティングやプロパティマネジメント(PM)のサポート業務など、主に不動産に関する総合的な業務を行っている企業です。

グローブシップ株式会社の社名について

グローブシップの社名の由来は、「地球環境」を指す「クローブ(GLOBE)」と「志(こころざし)」や「船」という意味を持つ「シップ(SHIP)」というふたつの言葉を掛け合わせたものだそうです。

グローブシップという企業が、地球に優しい環境志向の企業であることや、お客様と社員が同じ船に乗り、ともに明るい未来を目指していくという意味が込められてつけられたそうです。

そういった願いを表すように、グローブシップ株式会社のロゴマークにも地球や船のモチーフが取り入れられています。 

「グローブシップの代表」を養成 充実した研修環境

本社の他にも全国各地に支店があり、従業員の総数は5400名と大きな規模を誇る企業であることもわかります。また、グローブシップ株式会社は研修棟と訓練棟から構成される大規模な研修センターを所有しており、あらゆる研修や訓練、実験などを実務レベルで体験し、学ぶことが出来る環境を整えているところも注目すべき点と言って良いでしょう。

これは、グローブシップ株式会社が自社の社員に対し、「たとえ新人であっても、お客様の前に出る時にはグローブシップの代表として業務に取り組む」ことができるようにするためと言われています。

「教育は”コスト”ではなく”投資”」という認識のもと、サービス向上や提案力の強化、人材定着化のため、今後も社員研修や業務改善に力を入れていくということです。

グローブシップ株式会社は株式会社アトックスのグループ企業

グローブシップ株式会社と株式会社アトックスは「グループ企業」という位置付けになっており、ふたつの企業の代表取締役社長を務めているのが矢口敏和氏です。グローブシップ株式会社が中核企業としてあり、全国各地で事業を展開しています。

ちなみに、株式会社アトックスの技術開発センターや東京営業所は、グローブシップ株式会社の研修センターと同じ千葉県柏市にあります。
地図_アトックス技術開発センター

長野県(千ヶ滝山荘)に 所有している保養所は、どちらの会社の社員でも利用できるようです。

業界のパイオニア2社の統合により設立したグローブシップ株式会社

グローブシップ株式会社は、2015年に「株式会社ビル代行」と「日本ビルサービス株式会社」の2社が合併する形で新しく設立されました。元々業界を牽引していた2社が手を結んだことによって、更なるネットワークの充実と専門性が強化されています。

日本ビルサービス株式会社の前身である日本不動産管理株式会社が発足されたのは1952年。株式会社ビル代行の前身である株式会社ビル清掃が設立されたのは1953年なので、そのルーツは、なんと70年も前にさかのぼるという事になるのですね。

2022年で、経営統合を行ってから8年目となったグローブシップ株式会社。グローブシップ株式会社では、仕事に対する取り組み方や考え方の指針である「グローブシップウェイ(GSWAY)」を策定し、全社員に企業理念を共有しています。今後も、ビルメンテナンス会社としての枠を超え、IFM(総合施設管理)へと業務範囲を拡大していく見込みです。

グローブシップ株式会社の事業内容とは

グローブシップ株式会社の事業内容を詳しく見ていきましょう。長年の実績を誇るビルメンテナンス業を中心に、FMソリューションサービスや工事業務、マンション管理業務など幅広い事業を行っていることがわかります。

ビルメンテナンスサービス
  • 設備管理業務
  • 清掃業務
  • 警備保安業務
FMソリューションサービス (FM=ファシリティマネジメント)
  • FMコンサルティング
  • ビジネスサポートサービス
  • エネルギーマネジメント業務
  • PMサポート業務(PM=プロパティマネジメント)
工事業務 工事請負業務
マンション管理業務 マンション管理業務
PFI・指定管理者関連業務 PFI・指定管理者関連業務
海外事業 海外事業

ちなみにFM(ファシリティマネジメント)とは、公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会の定義では「企業・団体等が保有又は使用する全施設資産及びそれらの利用環境を経営戦略的視点から総合的かつ統括的に企画、管理、活用する経営活動」の ことを言います。

まとめ

株式会社アトックスのグループ会社であるグローブシップ株式会社についてご紹介しました。グローブシップ株式会社はビルのメンテナンス業務をはじめ、施設全体の環境を整え、効率よく管理できるための総合的なサポートを行っている企業だということがわかります。

グローブシップ株式会社と株式会社アトックスは、代表取締役社長はどちらも矢口敏和氏が務めています。そのため、「お客様に対して常に真摯に対応する」「プロフェッショナルとして誇りをもってサービスを提供する」などといった企業としてのあり方も共通しています。

また、グローブシップ株式会社としては海外戦略にも力を入れていくそうなので、今後の展開にも期待です。

関連記事→株式会社アトックスについてのまとめ

進化してきたアトックスの技術とは?今後の展望は?株式会社アトックスは、主に原子力施設の保守管理を手掛ける会社です。放射線管理のエキスパートであり、その技術はどんどん進化を続けています。そもそもアトックスはどのような技術を持つのか、またその技術はどんなことに活用されているのか、詳しく知らない方も多いでしょう。

今回は、進化を続けるアトックスの技術や今後の展望についてご紹介します。

アトックスが持つ技術とは

アトックスは全国20箇所以上に拠点を置き、原子力発電所の保守管理を行っています。主力である原子力発電関係の事業では機器の設置・メンテナンスから付着した放射性物質の除去・付着防止の工事、放射線管理、放射性廃棄物処理までトータルで対応しています。これらの事業を行っていくためには、高度な技術力が必要です。

例えば固形や液体の放射性廃棄物は、それぞれ適切な処理方法を使って貯蔵体積を可能な限り減らしています。固形の放射性廃棄物の処理では、燃えるものであれば焼却炉で燃やして灰にすることで貯蔵体積を減らしているのです。一方、液体の放射性物質は、放射性物質をろ過したり、廃液蒸発装置で濃縮したりしてから残留物をアスファルトなどで固めます。

また、RI(放射性同位元素)の取り扱いに関するノウハウを活かし、RI研究施設への支援業務や核医学医療分野に関する事業も手掛けています。研究機関などとの共同研究では、核医学医療に関する医療機器(頭部専用PET装置の共同開発・製品化)や前立腺がんの診断薬の研究開発も担うほど、アトックスは高い技術力や開発力を持っているのです。

アトックスの技術の活用事例

放射線管理に関する高度な技術を持つアトックスは、福島第一原子力発電所にて様々な事故処理に対応しています。高放射線量下での作業管理や建物や設備などに付着した放射性物質の除去から、汚染水を処理するためのセシウム吸着装置(KURION)や第二セシウム吸着装置(SARRY)の運転や保守管理に務めています。

さらに、トリチウム以外の放射性物質を取り除くための多核種除去設備(ALPS)の運転・保守管理や薬品の供給も行っています。また、アトックスの技術は福島第一原子力発電所に限らず、日本全国の原子力発電所や原子力燃料サイクル施設などでもフルに活用されています。

優れたアトックスの技術は、原子力発電所の定期検査対応やキャビティ除染、放射性廃棄物の減容化から保管までの情報管理など、幅広い領域において貢献しているのです。

福島第一原子力発電所の廃炉作業をきっかけに向上した技術レベルとは

東日本大震災および福島第一原子力発電所事故をきっかけに、アトックスの仕事を大きく変わったそうです。誰も経験したことのない環境下での廃炉作業では、試行錯誤しながら仕事をしていく必要がありました。高い放射線量のある環境なので人の立ち入りに制限があり、現場の状況を把握しきれなかったことが作業を難しくしていたようです。

そこで、アトックスは作業環境の改善のために、遠隔操作で除染作業ができるロボットを開発します。また、ロボットを現場まで運ぶのは人の役目なので、運搬のしやすい重さにする必要がありました。さらに、通路幅が狭いこと、配管などの障害物や高さの制限も考慮して、最大限の機能を持ちながらも小型化させなくてはなりませんでした。そして震災から2年半ほどかけて、小型遠隔除染ロボットのラクーンが完成しました。ラクーンはアトックスが開発した壁面除染ロボットとして、長年蓄積された技術やノウハウに基づいて開発されています。ロボットのおかげで除染作業が飛躍的に進んだことは、高く評価されました。

他にもドローンや遠隔ロボットを駆使して線量率などのデータを集めて分析を行い、作業計画の立案を手掛けているほか、運転を終了した原子力発電所の解体・撤去に向けた技術開発、再稼働プラントへの対応業務なども担っています。


震災や原子力発電所の老朽化により、求められる仕事内容も大きく変わり、それがアトックスの技術や開発力を高めるきっかけとなったのです。

今後のアトックスの技術開発や展望について

アトックスが高品質なサービスを提供できる理由は、たゆまない努力で技術開発を続けてきた歴史にあります。技術とノウハウの維持のために社内に開発部門を設け、1~5年の短い期間で現場に導入できる技術を生み出す努力をしているのです。また、お客様からの多様なニーズに応えられるように、技術力の向上を目的に海外の原子力関連企業との連携やジョイントベンチャーの設立なども行っています。

ここ数年では遠隔操作が行える装置の開発に多数関わっており、アトックスにおいても作業者の安全性確保に関するニーズは拡大していくと予想しています。すでに実績のあるアトックスは拡大するニーズに対応するために、さらなる技術開発に努めていくでしょう。同時に放射性物質の処理でも、分別や減容化のために高度な技術開発を行っていくようです。

さらに、核医学医療分野では、前立腺がんの診断薬や新しいがん治療法に使われる薬剤の生成装置などの開発に着手しており、最新医療のさらなる発展も期待されています。

まとめ

進化を続けるアトックスの技術についてご紹介しました。長年、原子力発電所の放射線管理を担ってきたノウハウが、福島第一原子力発電所での効率的な廃炉作業の実現につながっていました。また、今まで経験したことがない環境下での廃炉作業は、放射線管理の技術をより高めるきっかけにもなったようです。

震災により求められる仕事が変わったことで、アトックスはさらなる技術開発を進めており、放射線管理や核医学医療分野で功績を残しています。これからも進化していくアトックスの技術や事業に注目していきましょう。

関連記事→株式会社アトックスについてのまとめ

アトックスの社員研修制度/キャリアアップ支援とは?
アトックスでは、入社後のキャリアップ支援や社員研修制度が充実しています。また、入社を希望する人向けのインターンシップも行っています。

ここでは、アトックスのインターンシップや各種研修制度などについてみていきましょう。

アトックスのインターンシップについて

従来アトックスでは、実際の仕事体験を行っていました。しかし現在は新型コロナウイルスの影響により、WEBでのインターンシップに切り替えています。インターンシップは下記の流れで行われます。
  1. アトックスや原子力に関する説明:約90分
  2. アトックスの仕事に関する説明:約90分
  3. 若手社員との座談会:約30分
アトックスや原子力に関する説明では、オリエンテーションワークを通して原子力産業に関する理解を深められる内容になっています。アトックスの仕事に関する説明では、社員がどのような仕事をしているのか、どのような意思決定がなされているのかなど、身をもって体験できるワークが行われます。

そして、若手社員との座談会はアトックスで働くことの魅力を伝えるのが目的です。インターンシップに参加することによって、管理職や中堅社員、若手社員からリアルな声を聞けるのは就活生にとって大きなメリットです。また、インターンシップに参加すると適宜フィードバックを受けられるので、就職活動に役立つアドバイスももらえるでしょう。

アトックスのインターンシップに参加した人からは、以下のような感想が聞かれています。

インターンシップで学んだこと
原子力産業に対してあまり良いイメージを持っておらず、どこか保守的なイメージであった。しかし、原子力産業は日々新しいことに挑戦しており、保守的というイメージがなくなった。このインターンを通して、負のイメージがある企業・業界でも調べてみたらおもしろいところがあるかもしれないと思った。

参加前に準備しておくべきだったこと
原子力産業のことや会社のことは丁寧に説明してもらえるので、特に勉強しておかなければならないことはないと思う。しかし、構造化や結論ファーストに慣れておけばよい評価が得られるとは思う。

引用元:https://syukatsu-kaigi.jp/companies/121818/intern_experiences/3970

このような声が聞かれているため、気になっている人は参加する価値があると言えます。

キャリアアップ支援や社員研修制度について

アトックスは、キャリアアップ支援や社員研修制度などの人材教育にも力を入れています。具体的にどのような取り組みをおこなっているのでしょうか。

■キャリアアップ支援

アトックスでは、社員のキャリアアップに関して人事制度で定義しています。上司などによる育成・評価面接でキャリアアップに関する指導を実施しているのです。定年前の社員には、定年を迎える数年前から定年前研修を行って、その後のキャリア設計をサポートしています。

■研修制度

アトックスが行っている研修制度には、作業管理教育や放射線管理教育、職制教育(階層別教育)があります。作業管理教育には、入社時教育・作業リーダー教育・現場代理人教育などが含まれます。

そして放射線管理教育には、下記など
  • 放射線管理責任者教育
  • 放射線管理員教育
  • 放射線業務従事者教育
  • 放射線測定機器取扱研修
職制教育(階層別教育)には、下記が含まれているのです。
  • 新入社員研修
  • 新入社員補習研修
  • 中堅社員研修
  • 役職研修(主任・係長・管理職)
新卒採用と通年採用では研修のフローが異なりますが、いずれもしっかりとした研修を受けられる環境が整っています。

■資格取得支援制度

アトックスでは、社員が資格取得することも応援しています。業務に必要だと認められた資格に関しては、取得費用の一部を会社が援助したり、報奨金を支給したりといった取り組みを行っています。
  • 第一種放射線取扱主任者
  • 第二種放射線取扱主任者
  • 技術士(原子力・放射線部門)
  • 技術士補(原子力・放射線部門)
  • 核燃料取扱主任者
などの国家資格が対象となっているため、働きながら資格を取得したいと考えている人に優しい会社だと言えるでしょう。

また、先輩社員から資格取得に関するサポートをしてもらえるという点もアトックスの魅力です。資格を取得し、より専門的な業務に携わりたいという希望も実現しやすい環境です。

■メンター制度

アトックスは、少しでも早く業務に慣れることを目標とした指導員制度を導入しています。先輩社員がメンターになり、日々の業務におけるアドバイスやサポートをしてくれるのです。メンター以外の先輩社員や上司も一丸となって新人が業務を行う際のサポートを行うという風土もあります。

そのため、知識や経験がない人でも順を追って知識を身に付けられます。分からないことはすぐに質問できる環境であるため、仕事をしっかりと覚えられるでしょう。そして、自分自身が先輩から教えてもらったことを後輩に伝えていくという流れもスムーズです。

アトックスでは、社員一人ひとりがやりがいを感じられるような充実した制度を整えているのだと考えられます。

関連記事→株式会社アトックスについてのまとめ


2011年3月の東日本大震災により、福島第一原子力発電所の外部電源が全て喪失しました。そんな中株式会社アトックスは、原子力発電所の総合的なメンテナンス技術を築き上げ、原子力の課題解決に向けて一段レベルアップした企業へと前進しています。

 そこで今回は、株式会社アトックスの概要や主な事業内容などをご紹介していきましょう。また、株式会社アトックスで働く社員の口コミや企業が求める人物像についても分析していきます。

アトックスの概要

screenshot 株式会社アトックス

アトックスは昭和55年9月1日に設立した企業でし、原子力施設に対するメンテナンス事業に携わってきた企業です。民間で最初に原子力施設内へ事業所を開設しました。

本社は東京都港区に所在し全国に支社や事務所、事業所、測定センターなどがあります。代表取締役社長は矢口 敏和氏が就任しています。平成12年4月にISOを取得し、平成30年3月期の売上高は252億円となっています。


アトックスの関連会社

アトックスの関連会社アトックスにはどのような企業が関連しているのでしょうか。アトックスの関連会社についてご紹介していきます。
■株式会社西日本クリエイト

■株式会社青森クリエイト

■株式会社福島クリエイト
アトックスの子会社である西日本・青森・福島クリエイトは、放射線管理、機器点検・保守などの原子力関連業務から清掃、設備管理などの建物総合管理まで、幅広い業務に携わっています。

 ■株式会社エフ・ティ販売
ビル管理、原子力施設メンテナンス事業での豊富な経験と実績をいかし、関連資機材の販売を行っています。

■グローブシップ株式会社
総合ビルメンテナンス業(設備管理、各種清掃、設備保持、ビル群集中管理、各種工事、マンション管理、コンサルテーションなど)を行っています。

■AREVA ATOX D&D SOLUTIONS Co., Ltd. ( 略称 ANADEC )
アトックスとフランスのアレバ社の合弁会社です。 アレバ社が世界中で蓄積してきた原子力施設などのD&D分野での高度な技術とアトックスの メンテナンス技術および現場での実践経験とを融合・活用することにより、様々な現場の要求 に的確に応える革新的なソリューションを提供しております。

出典:http://www.atox.co.jp/company/info/

※また、現在休業中のおおくまホテル株式会社もアトックスの関連会社となっています。

アトックスの事業内容

株式会社アトックスは、東京都港区に本社を置く原子力発電所保守管理・放射性物質関連業務を行う企業である。

株式会社アトックスは、原子力関連施設における各種事業、RI(放射性物質)及び医療事業関連業、福島復興事業を行う。主なサービスに、環境測定、放射性物質の除去、放射線管理、機器の販売・保守、ビルメンテナンスの総合サービスなどがある。

・福島復興事業
・滞留水処理
・放射線管理
・下水処理
・環境修復
・原子力関連施設における各事業
・原子力発電所保守管理
・放射線管理
・放射性廃棄物処理
・施設管理
・鉛ガラスの除曇
・原子燃料サイクル施設関連業務
・ウラン濃縮施設メンテナンス
・再処理施設メンテナンス
・放射性廃棄物埋設施設
・中間貯蔵施設の維持管理
・原子燃料工場の維持管理
・放射性廃棄物処理
・固体 放射性廃棄物処理
・液体 放射性廃棄物処理
・デコミッショニング
・設備工事
・空調ダクト清掃
・RI(放射性物質)及び医療事業関連業務
・RI研究施設支援業務
・各種加速器
・医療用PET(陽電子断層写真)の運転 およびメンテナンス
・環境測定
・放射性物質取扱施設メンテナンス
・PET治験薬製造業務

 出典:アトックス - Wikipedia

福島復興事業とは

アトックスは上記の他にも電力会社や政府、自治体、メーカーなどの関係者と協力し、福島復興事業を立ち上げました。これまで原子力発電所内の汚染水処理装置の稼働や放射線管理業務などに貢献してきましたが、福島第一原子力発電所の事故以来は除染試験や実験などに積極的に取り組んでいます。福島復興支社では、以下のような業務を行っています。

廃炉工事

主な業務はフランジ型タンク内の残水を移送したり、クラッドを回収したりすることです。さらに、建物内線量低減に向けて線量調査や除染作業も行っています。ドローンを用いて高線量箇所の調査や空撮も廃炉工事の業務と言えます。

設備工事

汚染水対策や設備運転、保守・管理などの業務を行っています。汚染水に含まれるセシウム及びストロンチウム濃度を低減させるために、セシウム吸着装置を導入しています。また、原子炉のウエル除染や使用済み水の処理なども設備工事で行われる業務です。

環境施設

環境施設では、原子力施設内の放射線及び放射能測定を実施しています。自治体施設などの清掃も環境施設が担っている業務です。

地域復興

福島県内に所在する汚泥処理施設や浄化センター、除染工事などに対する放射線管理業務や、対策地区の廃棄物処理などを行っています。

技術開発センターとは

アトックス 技術開発センター

[アトックス 技術開発センター]


アトックスは技術開発の拠点として「技術開発センター」を建設しました。敷地面積はおよそ9,600㎡で、敷地内には管理棟や大型実験棟、各種試験棟など7つの棟で構成されています。

  • 原子力施設や原子燃料サイクル施設
  • 原子力研究施設
  • RI施設などの安全・安定的な運転・点検・補修・廃止措置

などの技術開発に注力し、環境保全に関する測定や分析、評価なども行っています。

アトックスの技術や資格、仕事内容について

ここまでアトックスの概要や事業内容について解説してきましたが、ここからはアトックスの業務における技術や資格、仕事内容についてご紹介していきます。

アトックスの廃棄物処理技術

アトックスでは原子力施設などから発生する放射線廃棄物の処理を以下のような装置を用いて処理や管理を行っています。

  • 汚染水処理装置
  • 固体廃棄物粉瘤減容装置
  • ポータブル自動プラズマ切断機
  • ドラム缶切断装置
  • 固体廃棄物情報管理システム
  • ドラム缶外観検査装置

アトックスの社員が所持している資格

アトックスで働いている社員の中には「第一種放射線取扱主任者」という資格を持っている方がいます。この第一種放射線取扱主任者とは、放射線障害防止に関係する法律に基づいた国家資格のことを言います。放射線発生装置を使用する者や販売業者、賃貸業者、廃棄業者は法律に基づき各事業者に資格を取得した主任者を1名以上選任しなければなりません。

この第一種放射線取扱主任者とは放射性同位元素等を取り扱う場合に要求される資格ではなく、放射線安全管理を統括するための法令上の責務を担う人が取得すべき資格と言えるでしょう。

除染作業

除染作業は、住民の被ばく線量を低減させるために、汚染状況を測定し状況に応じて除染・除去土壌などを行うことを言います。除染方法はその地域の放射線量や除去する対象物の特性などによって異なりますが、子どもの生活環境を第一優先に除染作業を実施しています。また、除染後の除去土壌や排水の処理、用具の洗浄なども除染作業のうちの一つです。

アトックスの社風、職場環境は?

アトックスはどのような社風なのでしょうか。アトックスでは女性の積極的な雇用を推進してるようです。求めている人材像や待遇についてもご紹介します。

アトックス大切にするコミュニケーション

アトックスの社員が働く上で最も大切にしていることは「コミュニケーション」です。どんな業務においても一人で仕事を完璧にこなすことはできません。特に、福島復興支社で行われている滞流水の処理作業は、地元地域の方に安心を与えると共に復興に向けた重要な仕事と言えます。

  1班13名(3交代)の班内で協力体制がとれていないと設備の運転や管理はうまく遂行できないでしょう。

アトックスの求める人物像

アトックスでは設備運転士という特殊な業務に携わることがありますが、経験者がそれほど多くいません。さらに、以前と比べて設備数がさらに増え、新しい設備がかなり改良されています。そのため社員教育をはじめ、設備の構造について社員は勉強する必要があるでしょう。

 また、コミュニケーションを大切にしている企業であるため、社員同士でできるだけ会話を交わすよう求められる場面があります。社員には双葉郡出身者が多くいるため、地元地域の復興にやりがいを感じている社員も多いです。 一人ひとりの技術や能力も必要ですが、チーム全体で協力しあって業務を遂行して社員との関わりを優先されることが多いのではないでしょうか。

女性の活躍に関する情報

株式会社アトックスは、管理・監督職の地位にある女性社員を増やし、女性がさらに飛躍できる雇用環境の整備を行い、慢性的な人材不足を解消するための一助となりうるよう、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間
平成28年4月1日~平成33年3月31日
2. 当社の課題
(1)女性の応募者が少なく、管理職に占める女性割合が低い
(2)管理職を目指す女性が少ない
3. 目標と取組内容・実施時期
新卒定期採用を含め、女性を毎年10名以上採用する

出典:http://www.atox.co.jp/company/jyosei/
●平成28年4月~ 新卒向け合同企業説明会、会社説明会等において、女性も採用していることのアナウンス。 学生向け配付資料の内容見直し。

●平成28年12月~ 学内業界セミナーや業界特別講義の場において、女性も採用していることをアナウンス。

●平成28年12月~ 引き続き、次年度用の学生向け配付資料の内容見直し。

女性を積極的に雇用してもらえそうです。

アトックスの待遇

基本給
大学卒    200,600円(寮/地方勤務の場合)
大学院了   217,800円(寮/地方勤務の場合)
(2016年4月実績)

諸手当
通勤手当(全額支給)、地域手当、役職手当、別居手当、福島地区手当、寒冷地手当

昇給 年1回(4月)

賞与
年2回(6、12月)

休日休暇
完全週休2日制(土・日)、祝祭日(年間平均121日) 年次有給休暇、年末年始休暇、夏季休暇、計画休暇、慶弔休暇、アニバーサリー休暇など 特別交替勤務の休日は別途、指定する。

待遇・福利厚生・社内制度
社会保険…健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、介護保険 施設…独身寮(各事業所所在地)、保養所(伊東・軽井沢)

実力主義の給与体系・評価制度を導入
年間休日120日以上
福利厚生が充実
ジョブローテーションで様々な職種を体験できる
教育・研修制度が充実
資格取得支援制度あり
産休・育児休暇取得実績あり
平均残業時間が月20時間以内
完全週休2日制
社宅・家賃補助制度あり

出典:http://www.atox.co.jp/info/employ.html

給与面や福利厚生など充実しています。

アトックスの充実した福利厚生

アトックスでは、充実した福利厚生制度を取り入れています。休暇制度や表彰制度、住宅手当やレクリエーションなどを豊富に取り入れることで、働きやすい環境が保持できます。ここでは、取り入れている福利厚生の内容をご紹介します。

【休暇】

アトックスでは、様々な特別休暇制度を設けています。これにより、平均有給休暇取得日数は13.3日(2018年度)と、高い水準となっています。2018年度の休暇に関する実績は以下の通りです。

  • 月平均所定外労働時間 7.8時間
  • 平均有給休暇取得日数 13.3日
  • 前年度の育児休業取得者数 11名(対象女性全員)

休暇取得実績があるアトックスは、他の休暇に関しては以下のように定めています。

  • 完全週休2日(土・日)、祝祭日 ※年間平均121日
  • 年次有給休暇(積立最長40日)
  • 年末年始(12月30日~1月3日)
  • 計画年次有給休暇、夏季休暇(各2日)
  • 特別休暇(結婚・出産・転勤・介護・看護・育児・忌服など)

【表彰】

アトックスでは、幅広い分野において免許や資格取得をした社員に、必要度や難易度に応じた褒賞金を支給しています。主な対象資格は、以下の通りです。

  • 第一種放射線取扱主任者
  • 第二種放射線取扱主任者
  • 技術士(原子力・放射線部門)
  • 技術士補(原子力・放射線部門)
  • 原子炉主任技術者
  • 作業環境測定士(一種1~5、二種)
  • 電気主任技術者(一種~三種)

中でも国家資格の放射線取扱主任者は、取得者数業界トップを記録しています。

【寮・社宅】

アトックスは、社員の寮や社宅などの家賃補助制度があります。他にも、通勤や役職などの手当て、慶弔見舞金などの支給制度も設けています。

アトックス代表の矢口敏和氏はどんな人物?プロフィールや経歴(略歴)

アトックス代表_矢口敏和
[アトックス代表 矢口敏和氏(画像:アトックス)]


現在アトックスの代表を務める矢口敏和氏はどのような人物なのでしょうか。

1953年茨城県に生まれた矢口氏は、一橋大学を卒業後三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入行し、その後ビル代行(現グローブシップ)の取締役を務めます。さらに同社の代表取締役社長に就任し、アトックスと兼務する形で代表を務めているのです。

2016年には世界80ヵ国で総合施設管理を手掛けるフランスのソデクソ社と合弁会社を設立し、日本国内で本格的な総合施設管理事業を開始しました。海外にも目を向けており、東南アジアへ事業展開も検討しているようです。矢口氏はアトックスの取り組みが国内原子力産業の再生につながることを願い、日々のソリューション力向上に努めるとしています。
また、未来のテクノロジーを担う人材育成にも注力しており、仕事の担い手である社員も幸せにしたいと考えています。矢口氏は「社員一人ひとりが自己実現に向かってチャレンジしてもらいたい」とも語っていますが、社員がチャレンジするためには、環境を整える必要もあります。アトックスでは、社員が力を思う存分発揮できるよう、充実した職場環境・体制づくりを手掛けているのです。

アトックスが行うレクリエーションの内容は?

アトックスでは技術職と事務職の2つの働き方がありますが、働く環境は違ってもアトックスの社員としてお互いに信頼し、良好なパートナーとなれるようにレクリエーションを取り入れています。
アトックス ソフトボール大会


事業所ごとに行われるレクリエーション・イベントでは、普段仕事ではあまり関わらない人同士であっても参加したことがきっかけで接点が生まれ、事業所自体の活性化にも繋がるようになっています。ここでは、アトックスが開催しているレクリエーションの内容をご紹介していきます。

【クラブ活動】

  • ランニングクラブ
  • テニスクラブ
  • スポーツクラブ
  • ソフトバレーボールクラブ
  • ボーリングクラブ
  • フットサルクラブ
  • スキークラブ
  • 写真クラブ
  • 釣りクラブ
  • 野球部
  • ハイキングクラブ
  • 卓球クラブ

など

引用:アトックス

【イベント】

  • 社員旅行
  • 東京湾クルーズ
  • 屋形船
  • 日帰りバスツアー
  • ディズニーランド日帰り
  • ボーリング大会
  • スポーツ大会
  • バーベキュー大会
  • ラフティング大会

など

引用:アトックス

【保養所】

アトックスでは、長野県と静岡県に保養所を持っています。社員の研修や保養目的で使用されます。 株式会社アトックス_寮

[画像:アトックス]

伊東寮(静岡・伊東):源泉掛け流しのアルカリ性単純泉が魅力です。千ヶ滝山荘(長野・軽井沢):バーベキューやテニスが楽しめるコートが併設されています。

アトックスが盛んに行っている地域交流

アトックスは、原子力のエキスパートとして多くのサービスを提供してきた実績がある企業です。さらに原子力施設に関連するトータルメンテナンスサービスを提供し続ける総合サービス会社である現在、様々な現場でアトックスの強みが活かされています。

アトックスが関わる業務では、効率よく短時間で業務を行わなければならないことが多くあります。特に安全と安心が重要な現場の環境において、社員同士の情報共有やコミュニケーションは最も大切なことになっているからです。お互いに働くパートナーとして、より良い関係を築くためにはチームプレーが重視されます。このチームプレーが仕事を円滑に遂行するための基本だという考えから、アトックスでは積極的な地域交流も取り組んでいます。小学校のプール清掃(アトックス四国事業所)


今までも、事業所ごとに職場活性化活動に積極的に取り組み、誰にでも話しやすく相談しやすい環境作り、そして誰かをサポートできる環境や関係性を築くための工夫をしていましたが、さらに社員同士がひとつの目標に向かっていけるように、”チームプレー”をアトックスのポリシーとしているからです。

このチームプレーは社員同士のコミュニケーション以外にも、地域との交流活動を通じて行っています。

株式会社アトックスの口コミ

アトックスで働く社員は企業に対しどのように評価しているのでしょうか。ここで、働く社員の特徴や企業に対する口コミ・評判について見てみましょう。

発電所等の大勢の人手が必要な現場への人の派遣、数を派遣することでは負けないと思う

出典:https://en-hyouban.com/company/10004769206/kuchikomi/?pagenum=2
【キャリアアップを目指せる環境か】→色々な現場があるので、必要な資格を取るための補助は出る。

出典:https://en-hyouban.com/company/10004769206/kuchikomi/?pagenum=2
休暇は取りやすく、残業多くないので、プライベートは充実できる。職場の雰囲気はアットホームな感じで、溶け込みやすい。

出典:https://syukatsu-kaigi.jp/companies/121818
キャリアアップを目指そうと考えた時、昇級するために評価面接という制度があります。そこでは目標や将来などについて話し合う機会があります。

出典:https://syukatsu-kaigi.jp/companies/121818
挑戦的な社風か、堅実な社風か→ どちらかと言うと 堅実な社風だ

出典:https://en-hyouban.com/company/10004769206/
自分のやり方で仕事が進められるか、進め方にルールがあるか→ どちらとも いえない

出典:https://en-hyouban.com/company/10004769206/kuchikomi/?pagenum=2
“班のなかには私より年上の人がいますが、優しい人たちばかりです。もちろん、仕事中は緊張感をもって集中していますが、仕事場から離れれば、みんな和気あいあいとやっています。”

 “仕事が終わると、班単位ではもちろん、会社内でもよく飲みに行っています。少しお酒が入ると、普段は聞けないことも聞けるので、コミュニケーションを図るのに役立ちます。“

 引用元URL:https://1f-all.jp/interview/08/
仕事内容でストレスが少ない。人間関係もわずらわしくないので妥当な給与を支給されていると思う。時間的に余裕がある仕事内容なので、自己研鑽がしやすい職務内容となっている。
福利厚生のクラブに会社が加入しており、ほんと少しだが割引きなど受けられる。 映画やアミューズメントパークなどなどいろいろなところで割引きが受けられる。 電力グループ(東電生協)の保険や積み立てなどできる。
回答者の平均勤務時間 8-9時間
お気に入り詳細を見る 福利厚生全般の納得度 69点

以上のような口コミが寄せられていました。新しい設備等が次々に入ってくる現場は技術のレベルを保つためにも、より良いチームワーク築き上げていくことが大切だと言えるでしょう。

 また、残業が少ないようなので仕事とプライベートを両立をしたいと思っている人にとってはおすすめの会社ではないでしょうか。またこれからの社会に必要不可欠な事業をしているので安定性があり倒産などといったことを心配することなく従業員は安心して働く事ができそうです。

まとめ

株式会社アトックスについてご紹介しました。株式会社原子力代行から株式会社アトックスに社名変更してからは、原子力施設のメンテナンスや放射性物質などに関わる業務を行ってきました。震災後は、滞流水処理装置の運転や放射線管理業務、福島周辺の除染にも取り組み震災復興に向けて貢献しているようです。社内環境においては、充実の福利厚生が、アトックスの良好なチームプレーを生み出し、コミュニケーションを増やしているということでしょう。

今後も、福島復興と全国の原子力発電所の再稼働に向け貢献すると共に、原子力の課題解決に向けてスキルアップした業務を完遂できる企業へと成長していくことでしょう。

株式会社アトックスは、原子力発電関連事業を主として原子力関連施設のメンテナンスサービスや技術開発などを行っている企業です。現在の福島復興状況などについて調査してみました。福島復興の近況が気になる方は、ぜひご覧ください。 東日本大震災の被災時から、年々福島の復興は進んでいます。福島復興の近況について見ていきましょう。

被災者支援

福島で被災した人たちに対し、住宅・生活再建の相談支援やコミュニティー形成支援が行われてきましたその結果、令和元年の調査では避難者数は震災直後の約47万人から、約5万人にまで減少しています。 また、被災直後は多くの被災者が仮設住宅や公営住宅に入居していましたが、徐々に恒久住宅への移転が進んでいます。その結果、平成23年4月には約12万4千戸だった仮設住宅等の入居戸数は令和元年には約4千戸まで減少しました。

鉄道復旧状況

震災以降、JR常磐線で停止していた多くのルートで現在は運転が再開されています。平成31年4月20日にはJR常磐線のJヴィレッジ駅が新たに開業し、Jヴィレッジが全面営業再開しました。

産業再生状況

産業再生のために北海道や青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県における計11,690事業者の中小企業に対し総額5,224億円補助金が支援されています。震災の影響で平成23年には大幅に減少した福島県の製造品出荷額は、平成26年にはほとんど震災前の水準まで回復し、平成29年には100%まで回復しました。

原子力災害からの復興・再生状況

2018年11月時点での東京電力福島第一原子力発電所から80km圏内における空間線量率平均は、2011年11月時点に比べて約77%減少しました。除染の進捗状況は、平成30年3月までには期間困難区域を除いた8県100市町村において面的除染が完了しています。また、帰還困難区域内とされていた6町村の特定復興再生拠点区域で避難指示が解除され、居住のための帰還環境整備が進められています。

まとめ

株式会社アトックスは、原子力発電関連事業に従事している会社です。アトックスでは福島復興を一大事業として取り組んでおり、廃炉や設備工事などに尽力してきました。福島復興は年々進められており、今後も順調に復興事業が推進されていくと考えられます。福島復興に携わる株式会社アトックスの取り組みにも注目してみてください。

関連記事→株式会社アトックスについてのまとめ

このページのトップヘ